脱毛可能な部位と不可能な部位

脱毛可能な部位と不可能な部位

抜け毛といえばどの要所も処分ができるのが一般的です。

最近では、トータル抜け毛も何十か所も望めるディーラーも増えてきていますし、傍らや徒歩、腹心や背中、顔つきなどほとんどの部品はオペが可能といえるでしょう。

ただし、でもオペができない場所は存在します。

たとえば、粘膜部分は基本的にオペはできない部位に当てはまる。

VIO抜け毛においても、I進路の周辺のムダ毛は処分できますが、粘膜部分のムダ毛の処分は行えません。
また、鼻の中の粘膜場所などもオペができないことになっている。

その他で、火傷の恐れがあるのでオペできない場所として、シミを起こしている箇所だ。
シミや黒住になっているといった、それがサロンでの光線抜け毛であっても美貌病舎の診断抜け毛であっても照射したときに髪の毛だと認識されてしまう恐れがある結果火傷をしてしまう可能性が高いのです。

その他に、タトゥーが入っている地方もシミと同じ理由で火傷をしてしまう恐れがあるのでできないとされています。

また、皮膚がかぶれていたり炎症を起こしている部分のオペ自体を断られることがあるので、かぶれや炎症が治ってからオペを受けるようにするかお先に自分で確認しておくことが大切になります。